「ほっ」と。キャンペーン
--- 新規ブログ開設のお知らせ ---

新ブログのURLは、
こちら

http://sayous2.exblog.jp/

よろしこデス。

[PR]
# by sayous | 2005-05-20 09:42 | UO(その他)
----- お知らせ -----

とうとう折り返し地点に到達しました。

昨年5月にこのブログを立ち上げて、早や一年が経ちました。

このエキサイト・ブログは画像の使用最大容量が30MBで、ついにMAXになってしまったのです。従って、もはや画像による記事掲載は出来なくなりました。

今後は「PartⅡ」として早々に新しいエリアを開設する予定でおりますが、準備が整い次第、このページにてお知らせ致します。

〓 皆様、長らくのご愛読、有難うございました。〓
a0017277_1827188.jpg

[PR]
# by sayous | 2005-05-18 18:29 | UO(その他)
よいこのための「シュレジンガーの猫」
a0017277_1332138.jpg
あるところに、シュレジンガーという発明家のおじいさんがおりました。
あるとき、おじいさんは完全に中身を密封する小さな箱を発明しました。
その箱は、音、空気、赤外線、はたまたX線やニュートリノ粒子すら通さない。
フタを閉めてしまうと、中が全く分からないというものでした。

そんなある日。間違って愛猫が箱に入って、フタが閉まるところを見てしまいました。
その箱は作りかけで、一度閉じると二度と開かないように出来ていたのでした。
おじいさんは悲嘆にくれましたが、中の様子は全く分かりません。
おじいさんは、ただ号泣しました。一日、二日、三日...
一週間の間、ずっと泣き続けました。

一週間も小さな箱に閉じ込められていては猫はもう死んでいる。
おじいさんはそう思いはじめたとき、ふとひらめきました。

中の様子が全く分からないってことは、
中で猫が死んでいるということも分からないじゃないか。
中で猫が生きている可能性だってあるのだ。

そのときから中の猫は、
半分死んでいて、半分生きている、不思議な猫になったのでした。

おじいさんは猫の入った箱を、前と変わらず声をかけ、撫でて
愛し続けました。もちろん、中には聞こえません。

そのうち、おじいさんは歳をとって死んでしまいました。
中身が分からない開かない箱は、倉庫にしまわれました。

それでも中の猫は、半分生き続けました。

それから、幾年も年月が流れました。
もうおじいさんのことを知っている人も、もちろん猫のことを知っている人もいません。

それでも、持ち主が何度も変わった倉庫の片隅で、
猫は半分生きて、半分死んでいました。
a0017277_1561860.jpg
*** おわり ***

[PR]
# by sayous | 2005-05-18 02:01 | UO(その他)
怠慢姉妹の会話(デカブツをめぐる):
うちにて。
a0017277_1953746.jpg
五女(パシリメイジ): ねー、おねーちゃん、外にデカブツいるよー。

次女(バード低マー): 妹の仕事です。

五女: おねーちゃんってばー、テイマーでしょー?

次女: (-o- )/(←ヤル気0)


----- メイキング -----
a0017277_1911513.jpg
(↑撮影にちっとも協力してくれないデカブツ)

[PR]
# by sayous | 2005-05-17 19:19 | Asuka※次女の巻